top of page
検索
  • sakura3_345

2023.2/15「まーす北上観劇と日帰り入浴」ツアー催行しました!


こんにちは。

節分が過ぎ、バレンタインデーも終わり、次は桃の節句・ひな祭りですね🎎一歩一歩、春が近づいているのを実感いたします。


さて、2/15(水)は、日帰りツアー「まーす北上観劇と日帰り入浴」で岩手県へ行ってまいりました!

まーす北上は、岩手県内で4番目に人口の多い市・北上市に所在し、東北道の北上江釣子ICよりすぐ、花巻空港からも約30分とアクセスのよい場所にあります。ほぼ毎日、お芝居・舞踊ショーを楽しめる、東北でも数少ない施設です。


9:30に登米市役所前を出発し、栗原市内数か所でお客様と合流しながら、東北道経由でまーす北上へ。高速道路は除雪もされ、登米市を出発してから約1時間半、ほぼ予定通りに到着することができました。

到着してまずは入浴休憩の時間でした!館内は暖房が効いて温かく、薄着でも十分なぐらいでした。休憩場は、当ツアー団体用の個室休憩所をご用意いただき、入浴されない方は休憩所でゆったりしていただきました。

広々とした大浴場は、明るく開放感があり、電気風呂やぬるめのお風呂、深めのお風呂など、数種類楽しむことができました。

まーす北上と言えば、岩手県内随一の規模・温度を誇るサウナが有名です!サウナの温度はなんと95℃!水風呂との温度差は約80℃もあります!!気持ちの良い汗をかいて、体もぽかぽか、心も整うような、リラックスした時間をお過ごしいただきました。余談ですが、熱いサウナと水風呂を交互に入る“温冷交代浴”には、ダイエット・血行促進・不眠解消のほか、なんと花粉症にまで効果が期待できるといわれているそうです😊


入浴でお腹を空かせていただき、次は美味しい昼食の時間です。

籠に入った和食膳をいただきました🥢新鮮なお刺身、サクサクの天ぷら、茶わん蒸し、小鉢などに温かいお味噌汁も付いて、さらに体が温まりました。つやつやと光る白米は香りも良く、箸がどんどん進む美味しさでした!米の品種は“ひとめぼれ”だそうです🍚


お次はいよいよ観劇です✨ 第一部は、大衆演劇を約1時間観劇しました。笑いあり、感動ありのお話の内容もさることながら、喜怒哀楽を表現する役者さんの表情など、細部までこだわりを感じる演出で、すっかりお芝居の世界に引き込まれました。


休憩を挟んで、第二部は舞踊ショーでした。光の演出と、心の底まで響くような音楽がマッチして、最後までとても楽しく観させていただきました♪

↓事前に当社で用意したペンライトなどをお配りし、会場を盛り上げていただきました😊

 皆様素敵な笑顔です!

ショー終了後は、団体向け特典として記念撮影ができました📷劇団員の女性の方に真ん中に入っていただき、皆様ご一緒に写真撮影をしました。撮った写真はプリントしていただきました。いい記念になったと、皆様喜んでいらっしゃいました😊

売店では、全国旅行支援の地域クーポン券を使ってお買物していただきました。今回は平日でしたので、お1人様につき2,000円分付いていました!売店では、通常はお取り扱いはしていない、銀座に志かわのパンを特別に仕入れていただき、購入しました🍞

銀座に志かわは、水にこだわって作られた高級食パンが有名で、全国各地に店舗があり、岩手県には盛岡に1店舗あります。今回は、2斤が1セットになった食パンと、粒あんが巻き込まれた“あん食パン”の2種類購入できました。粒あんに使用された朱鞠小豆(しゅまりあずき)は、国内生産量がたった2%のプレミアムな小豆なんだそうです!マーブル状の小豆が美しい、とてもお上品なパンでした。


お土産を購入した後は、まーす北上を出発してまた東北道に乗り、帰路へと付きました。

途中トイレ休憩に立ち寄った前沢サービスエリアで、お土産コーナーを覘いてみると、麹屋もとみやが出店されていました!もとみやさんは、岩手県八幡平市にお店を構える、味噌などの発酵食品を食べたり購入したりできるお店です。以前立ち寄ったときには無かったような気がしたので、新しい発見でした😊

お帰りの車内では、「死ぬまでに行きたい旅行地は?」といったお話で大いに盛り上がっていらっしゃいました(^^♪

登米市には17:00過ぎ頃に到着しました。少しずつ日が長くなってきましたので、まだうっすらと明るさの残る帰り道でした。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


さて次回は、2/24(金)出発「早春の房総半島と成田山新勝寺2泊3日」の催行が決定しております!!

まだまだ寒い東北を飛び出して、一足お先に“早春”へと行ってまいります!

3月以降のツアー情報もぞくぞくと公開を始めておりますので、ぜひツアー情報をチェックしていただけると嬉しいです。

もうすぐ年度末ですが、皆様体調管理にはお気を付けてお過ごしくださいませ。

閲覧数:72回0件のコメント

Comments


bottom of page