top of page
検索
  • sakura3_345

2023.10/8「土澤アートクラフトフェアと早池峰神楽」ツアー催行しました!


こんにちは。

日ごとに昼間の長さが短くなっていき、秋も深まってまいりました🌇


さて、10月の3連休の真ん中、10/8(日)は、芸術の秋の旬ツアー♪「土澤アートクラフトフェアと早池峰神楽」で岩手県へ行ってまいりました!


前日の土曜日はぐずついた天気☔でしたが、日曜日は気持ちの良い秋晴れでした🌞

登米市役所前を8:00に出発し、栗原市の若柳総合支所前を経由しながら、岩手県花巻市を目指して東北道を北上しました。今回は佐沼交通さんにお世話になりました🚌


花巻市東和町・土沢商店街で、春と秋の年2回開催される“土澤アートクラフトフェア”は、木工・ガラス細工・陶芸・絵画・衣服などの手作り品の販売イベントです。全国各地から芸術家さん・飲食店が集まり、約350店舗が出店されます。


道路1本道の会場は歩行者天国となっていました。ずらーっとわかりやすく並んだたくさんのお店には、アクセサリーや洋服、木工品、染織物、イラスト、文房具、手づくりパンやお菓子、旬のきのこなどが販売されており、どれも目を奪われました👀

地元中学校の生徒さんが授業で制作しているデザイン画・工芸作品などの展示ブースもありました。

約2時間かけてあちこち見て回り、手編みの帽子や室内用の布草履、お土産のお菓子などを購入されていらっしゃいました。


歩き回ってお腹も空き、次は大迫町に移動して昼食の時間でした。

エーデルワインさんが経営されているレストランベルンドルフで、洋食ランチをいただきました🍴

清流鶏のチキンソテー和風ソースに、スープ・ライス・サラダ・コーヒーが付いてました☕柔らかいチキンにさっぱりとしたソースがマッチして、とても美味しくいただました😋


午後は、大迫交流活性化センター内の早池峰ホールで、500年以上続く伝統のある、大迫の神楽を鑑賞しました。

毎月第2日曜日は“神楽の日”として、早池峰ホールを会場に、岳(たけ)神楽・大償(おおつぐない)神楽、八木巻(やきまき)神楽の3つが月替わりで公演されています。10/8は八木巻神楽公演でした。13:00に開演、神楽の始まりと伝えられている天岩戸神楽が上演されました。難しそうなイメージのある神楽ですが、とても分かりやすく、世界観に引き込まれました。次の演目もユーモアのあるお話で、楽しく鑑賞させていただきました😊

大迫交流活性化センターと隣接して、宮沢賢治氏の童話「猫の事務所」のモデルと言われる旧稗貫郡役所を復元した“早池峰と賢治の展示館”があり、無料で見学することができます。中に入っていくと、さっそく黒猫の事務長さんの可愛らしいお人形がお出迎えしてくれました😸貴重な資料展示のほか、宮沢賢治氏の童話や関連書籍を自由に閲覧することができるスペースもありました。


お次は、早池峰ホールから約5分ほど移動して、東北最大級のワイナリーを誇るエーデルワインさんを訪れ、工場見学とお買物をしました🍷

まずは工場を見学させていただき、スタッフの方に、ぶどうからワインになるまでの製造工程をご丁寧にご説明いただきました🍇

ワインの仕込み作業は、9月初旬のキャンベルのロゼワインから始まり、キャンベルの赤ワイン、9月中旬のナイアガラの白ワイン、10月以降にはワイン専用品種による赤・白ワインの仕込みが行われます。ワイン専用品種は、畑ごとにベストな収穫時期を選んで仕込みが行われるんだそうです!

ワインづくりでは、器となるボトルもとても重要です。瓶詰の作業では、瓶に破損や汚れがないか念入りにチェックされ、大迫のきれいな水を使用して洗浄し、取り扱いには細心の注意が払われます。すべての工程に妥協のないプロ意識に感動いたしました😲大きな樽や機械はとても迫力がありました。

見学後は、ワインやぶどうジュースを試飲させていただき、ショップでのお買物も楽しみました。お店に並んだワイン1つ1つに、作り手さんの思いを感じながらじっくり見て回りました。たくさん種類があって、お客様も選ぶのに迷っていらっしゃるようでした😅


↓ぶどう畑。後ろの山の上に写っているのは、早池峰神楽の権現様のモニュメントです!


続いては、エーデルワインからすぐ、国道396号線沿いにある産直センターアスタと、隣接するミルク工房ボン・ディアに立ち寄りました。


産直センターアスタには、1年を通して地元産の新鮮野菜やチーズ、季節により山菜や果物などが販売されています。こちらにもワインがありました🍷


ミルク工房ボン・ディアは、早池峰山麓の新鮮な生乳を使用したヨーグルトが人気のハヤチネフーズさんの直営店です。大迫産ブラウンスイス牛の搾りたて生乳100%を使用したソフトクリームも大人気で、エーデルワインを使用したワインソフトもあります🍦ほとんどの方がさっそくソフトクリームを召し上がっていました!

乳製品のほか、地元産のりんごやぶどう、ラ・フランスなどを使用したジュースも販売されていました。

店名の“ボン・ディア“とは、ポルトガル語で「こんにちは」という意味なんだそうです😊


今が旬のぶどうを購入したかったのですが、こちらではお取り扱いが少なかったため、急遽他の産直にも立ち寄ることにしました。訪れたのは、花巻市に位置する大型の直売所・母ちゃんハウスだぁすこさんです。こちらでぶどうを購入することができました🍇


お土産をたくさんバスに積み込み、宮城県への帰路へつきました。

途中、車窓から、珍しい幻日を見ることができました😲幻日(げんじつ)とは、太陽から離れた位置に、太陽と同じ高度で光が見える現象のことで、雲を構成する小さな氷の粒によって太陽の光が屈折されてできるんだそうです。太陽が2つあるようにも見えます🌞ラッキーな出来事に車内も大盛り上がりでした🌈

終点の登米市役所前に到着したのは予定通り17:30頃でした。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


さて、次回は、10/15(日)日帰り「みやぎ蔵王えぼしリゾートの紅葉とりんご狩り」ツアーの催行が決定しております!(※当初、梨狩りの予定でしたが、今夏の猛暑・天候の影響により梨が早期終了の見込みとなりましたため、りんご狩りに変更となりました。この場をお借りしてお詫び申し上げます。)

スキー場であるみやぎ蔵王えぼしリゾートは、秋は紅葉の絶景スポット🍁ゴンドラに乗って蔵王連峰の紅葉狩りをお楽しみいただきます。佐藤果樹園さんでのりんご狩りは30分食べ放題&お持ち帰り用のお土産付きです🍎若干の空席がございますので、ご参加を迷われている方は是非一度お問合せくださいませ。


来年1/24(水)出発の「大相撲1月場所マスB席観戦と小江戸・佐原1泊2日」ツアーも情報解禁となりました!東京・両国国技館で15日間にわたり開催される大相撲1月場所の11日目をマスB席で迫力の生観戦&翌日は誕生150周年を迎える千葉県へ移動し、小江戸・佐原町の町並みを散策しながら歴史に触れます👣ちゃんこの夕食は飲み放題付でお得です🍺詳細はホームページ等でご確認くださいませ。


上着が必要な季節となりましたが、皆様どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

閲覧数:56回0件のコメント

Comentarios


bottom of page