top of page
検索
  • sakura3_345

2023.10/15「みやぎ蔵王えぼしリゾートの紅葉とりんご狩り」ツアー催行しました!

更新日:2023年10月17日



こんにちは。

山の上の方から、木々が色づき始めました🍁


さて、そろそろ紅葉シーズンに入る宮城県ですが、10/15(日)は、伊達なバス旅掲載ツアー「みやぎ蔵王えぼしリゾートの紅葉とりんご狩り(※旧梨狩り)」ツアーで、日帰りで蔵王町へ行ってまいりました!


登米市役所前を8:30に出発、栗原文化会館前を経由しながら東北道を南へ進んでいきました。残念ながら、小雨がちらつく中でのツアースタートでしたが🌧、まず向かったのは、みやぎ蔵王えぼしリゾートです!今回は新栄観光バスさんにお世話になりました🚌


道中、車窓から見える蔵王の山々などの景色もあいにくの雨模様でしたが、「想像力を働かせて見てみましょう!」とお客様に呼びかけ、頭の中で雨天を吹き飛ばすような美しい景色を想像していただきながら、車内は大盛り上がりで目的地を目指して進んでいきました。


みやぎ蔵王えぼしリゾートさんは、冬季はスキー場⛄、春にはゲレンデを埋め尽くす白と黄色のすいせんの花、夏には手ぶらで楽しめるバーベキューや星空⭐、秋は紅葉や芋煮会など、一年通して楽しめるスポットで、展望ロープウェー(ゴンドラ)も運行されています。

10:30過ぎ頃に到着し、さっそくロープウェーに乗車しました。

6名定員のゴンドラに2~4名ずつ乗車し、空中散歩へ!どんどん標高が高くなるにつれ、山の上の方の色づき始めた紅葉がきれいに見えました🍁

15分弱で頂上に到着し、散策の時間を取りました。

標高約1,100mの山頂駅付近にある石子展望台からは、太平洋沿岸を見渡すことができ、お天気が良ければ遠く仙台や松島まで見ることができます。展望台の近くには、季節により様々な植物を楽しめるロックガーデンも整備され、リンドウやダイモンジソウ、青や白のイワシャジンなどが可愛らしく咲いていました✿

約10分ほど滞在し、折り返しまたロープウェーに乗って麓へと戻ってまいりました。

雨がちらつく中でしたが、紅葉やお花など鮮やかさが引き立ち、お客様も「来てよかった~。」と笑顔をのぞかせていらっしゃいました😊


行程も順調に進み、少し時間に余裕ができましたので、午後に訪れる予定だった蔵王酪農センターを先に訪れることにしました。

蔵王酪農センターさんは、工場隣接の蔵王チーズの直売店です🧀

蔵王連峰の豊かな自然を誇る蔵王町では、酪農が盛んで、自家製チーズのほかヨーグルトやアイスクリーム、スイーツも大人気です🐄チーズだけでもたくさんの種類があり、どれにしようか迷いながら、お土産選びを楽しまれていらっしゃいました。


昼食は、蔵王酪農センターさんからほど近い、和風れすとらん正六(しょうろく)さんで、和食膳をいただきました🍴

地元産食材にこだわって作られたお料理は、蔵王産土垂芋と蔵王の豚“ジャパンX”を使用した里芋のコロッケ、宮城名物ずんだもち、100%蔵王産の白米、温かい白石温麺(しろいしうーめん)、煮物、冷しゃぶサラダ、デザートには旬の梨・りんご・甘柿が付いていました!秋らしい肌寒い日でしたので、まずは温麺から召し上がっている方が多く、冷えた体に染み入るような美味しさに、皆様大変喜ばれていらっしゃいました😋


昼食後は、佐藤果樹園さんを訪れました。

当初は、梨狩りをお楽しみいただくはずだったのですが、今夏の猛暑・天候の影響で、梨が早期終了の見込みとなってしまったため、りんご狩りへ変更してご案内させていただく予定でした。が、しかし、雨がまだ降り続いていたため、畑に入るよりも、代わりにお持ち帰り用のお土産としてりんごと梨をご用意いただくことを選びました🍎

到着するとまずは、果樹園のスタッフさんがバスに乗り込み、梨の品種や生産状況についてご説明をしてくださいました。

今年は雨が少ないため、梨が小ぶりで、そのぶん甘みが強くなっているんだそうです!今年の梨の生産はそろそろ終了のようですが、まだ新高(にいたか)という品種が残っており、新潟の梨と高知の梨を掛け合わせてできた品種であることから、新高という名が付いたんだそうです😲

楽しい豆知識やお話を拝聴した後は、園内の売店で試食をさせていただきながらお買物をしました。

真っ赤なりんごや新高、ラ・フランスも販売されていました!それぞれ籠に山盛りに販売されていましたが、数十分後にはがらんとなるほど、たくさん購入されました😊

りんご狩りができなかったことは残念ではありましたが、車窓からりんごの木が見え、たわわに実がなっている姿に、車内では「わぁ~っ✨」という歓声が上がっていました。


午後も時間に余裕があったので、予定にはありませんでしたが、せっかくなので道の駅村田に立ち寄ることにしました。

道の駅村田には、地元産新鮮野菜などの産直コーナーやレストランがあり、2階ではちょうど、村田町在住の石版画作家・生田目富紀夫さんによるアート作品の展示会が開催されていました。また、敷地内の一角では、宮城県おもと美術品評大会が開催されており、賞を受賞した美しいおもと(※ユリ科の植物)が並べられていました。苗の販売も行われていたのでちょっと覗いてみると、かなり高額なものもありました😲

道の駅周辺には、歴史資料館・村田町歴史みらい館や、新鮮卵を使用したスイーツショップ・森の芽吹きたまご舎ファームファクトリーなどがあり、徒歩で回ることができます。

約1時間ほど時間を取って、自由行動としました。産直でお土産のお買物をされた方、企画展で美しいアートを楽しまれた方、歴史みらい館を見学された方、たまご舎のカフェで休憩された方☕など、各々ゆっくりお楽しみいただきました。

15:00頃に再集合していただき村田町を出発、栗原市・登米市へと帰ってまいりました。


帰りの車内では、雨天でもお客様に晴れやかな気持ちで旅行を楽しんでいただきたい!との思いから前日に用意しておいたチョコレートを皆様にお配りさせていただきました🍫お菓子業界では有名なチョコレートマニアの方が選ぶ、この秋おすすめのチョコレートランキング第1位としてテレビで紹介されていたチョコレートです✨とても濃厚かつ口に入れた途端とろける滑らかな食感で、無事お客様にお喜びいただくことができました😊


終点の登米市には予定時刻よりも少し早めの到着でした。ご参加いただいた皆様、足元の悪い中、誠にありがとうございました。


さて、次回は、10/29(日)出発・秋の旬ツアー♪「瀬波温泉に泊まる絶景の日本海と鮭のまち新潟村上1泊2日」の催行が決定しております!鮭の町として知られる新潟県村上市は、今年6月に公開された日本映画にも登場し、話題となったスポットです。日本海に沈む絶景の夕日を眺め、大海原を望む瀬波温泉・大観荘せなみの湯で湯量豊富な熱めの温泉でゆったり温まり、美味しい海の幸を食べて&買って、秋の行楽シーズンを新潟で満喫しませんか♪まだ若干の空席ございます!!皆様のご参加をお待ちしております。

閲覧数:66回0件のコメント

Comments


bottom of page