検索
  • sakura3_345

2022年4月9日「蔵王エコーライン雪の壁ウォーク・一目千本桜・竹駒神社3大スポットめぐり」ツアー催行しました!

こんにちは。

急に季節が2歩も3歩も進んだような暖かさに包まれたり、かと思えば急に冬に逆戻りしたような寒い日が続いたり、季節の変わり目を実感いたします。登米市の桜の名所・南方町の一目千本桜も満開をむかえ、週末は桜を見に来た方々の車で混雑していました。


さて、4月9日は2022年度初ツアー「蔵王エコーライン雪の壁ウォーク&白石川堤一目千本桜&竹駒神社3大スポットめぐり」に行ってまいりました!


雲1つない晴天の中、本年最初のツアーに心躍りながら出発いたしました。本ツアーの見どころは、タイトルにもあります通り、雪と桜の両方をお楽しみいただく、1年の中でも数日しかお目にかかれない絶景に皆様をお連れすることです。


バスを走らせ、まず向かったのが蔵王エコーライン雪の壁ウォーク!雪の壁ウォークは、蔵王エコーライン開通前の4日間のみ・ツアーバス限定でしか参加することのできない特別なイベントです。地元ガイドさんに先導していただきながら、雪の回廊約2kmのウォーキングをお楽しみいただきました。お天気に恵まれ、空の青と雪の白のコントラストがとてもキレイでした。今年は例年よりも積雪が多く、最高降雪地点が約11mもあり、雪の壁の高さに感動しました。




雪を満喫した後は、遠刈田の和風れすとらん正六さんで温かいうーめんといなり寿司の昼食をいただきました。うーめんとは、宮城県白石市の名物で、生地を延ばす際に麺生地同士の付着と表面の乾燥を防ぐために油を塗る一般的な麺とは違い、油を用いない代わりにうち粉(でんぷん)を振りかけながら製麺するのが特徴。お年寄りの方から離乳食まで重宝される、とても食べやすい麺なんです。冷えた体に染み渡るような温かさと美味しさに大満足でした。


昼食後に立ち寄ったみやぎ蔵王こけし館は、展示本数約5,500本と世界一を誇ります!全国の伝統こけしと木地玩具を、系統別に分りやすく展示してあり、実演コーナーや販売コーナー、体験コーナーなどもあります。ここ数年、若い女性の方にもこけしが人気のようで、テレビで特集されているのをちらほら見かけるようになりました。一口に“こけし”と言っても、地域によって顔や形に特徴があり、見ているだけでもとっても楽しめる素敵な施設でした。


菓匠三全ファクトリーショップに向かいながら、車窓より、白石川堤大河原町の桜の名所・一目千本桜をご覧いただきました。あいにく、まだ2~3分咲きといった感じでしたが、空の青さに映える桜並木の薄桃色がとてもキレイでした。(翌日には満開になったようです!)


最後は、日本三大稲荷の1つ、竹駒神社を訪れました。農業や商工業、五穀豊穣、縁結びなどの神様として古来より篤く崇敬されている歴史ある神社です。宮司さんより境内を案内していただき、皆様それぞれ願いを込めてお参りされていらっしゃいました。



今回のツアーは見どころ満載でご案内させていただきました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

さて、4/24(日)はお花見ツアー「烏帽子山千本桜と玉の木原水芭蕉群生地」の催行が決定しております!まだ若干数の空きがございますので、ご興味のある方やご参加を迷われている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お問合せだけでもお待ちしております。

閲覧数:18回0件のコメント